北欧旅行ダイジェスト版♪

北欧旅行を終えて、旅人から、ただ人に戻った私。^^

ストックホルムに2泊、豪華客船シリアラインで1泊、ヘルシンキに2泊の7日間の旅。
最後の3日間を過ごしたヘルシンキは、最高気温が18℃~20℃ぐらいだったので、日本の蒸し暑さに「ひぇ~」状態になっています。(笑)

パリのような華やかさはないけれど、大都会でもなく田舎でもなく、
時間がゆったりと流れている、のんびりとした雰囲気のヘルシンキがとても気に入りました。
「来年もヘルシンキに行くね♪」と、夕べ相方に宣言してしまった私です。


b0086273_993237.jpg
(↑ これはストックホルム市庁舎の塔の上から撮った写真)

7月4日(土)関西空港を出発。
初めてのフィンエアー。 エコノミー席だったけど意外と快適でした!
まずはヘルシンキで乗り継いでストックホルムへ。


b0086273_7461986.jpg


ストックホルムのホテルは「クラリオン コレクション ホテル ウェリントン」
物価の高いストックホルムで、1泊2食付でなんと約13,500円でした!
アメニティーが揃っていなかったり、ティッシュBOXがカラだったりって言うのも、この料金だったら全く気になりません。(笑)
天井が高く部屋の広さもじゅうぶん。 ちなみにバスダブは無くてシャワーのみです。


b0086273_7451649.jpg


ディナーは軽食ビュッフェと書いてありましたが、野菜類もたくさんあったし、これでじゅうぶんでしたよ。(写真は朝食)


b0086273_7512317.jpg


部屋や1階ラウンジのインテリアの色使いがとっても素敵。


b0086273_7523183.jpg


これでも夜のガムラスタンです。 21時半ぐらいかな。


b0086273_805381.jpg


ストックホルム市庁舎の塔」の上から見た昼間のガムラスタン。


b0086273_7582815.jpg


今回の北欧旅行にピッタリの友達のネイル。 


b0086273_8511100.jpg


翌日行ったローゼンダール・ガーデンはとってものんびりできる所でした。


b0086273_13421377.jpg


観光スポットというよりも、地元の人たちの憩いの場所って感じ。


b0086273_815165.jpg


憧れていた林檎の木の下でのランチが、こんなに簡単に実現するなんて思ってもみなかった。^^


b0086273_8215318.jpg


今回のブログは旅のダイジェスト版なのですが、一気に写真をUPしたいぐらい、綺麗な写真がいっぱい撮れました。


b0086273_82414100.jpg


晴れの写真ばかり続きましたが、6日と8日は曇り一時雨。
ストックホルム市立図書館を出た頃には雨が強くなってきました。


b0086273_830033.jpg


ストックホルムからヘルシンキまではタリンクシリアラインの豪華客船で移動。
写真はHPからお借りしました。


b0086273_13838100.jpg


部屋は海側のAクラスキャビン。 夕食&朝食ビュッフェ付きで219.5ユーロでした。


b0086273_833342.jpg


窓の外は…


b0086273_8335592.jpg


食事はビュッフェにしたのですが、とにかくすごい人! ビールやワインが飲み放題だったのは嬉しかった~


b0086273_8361518.jpg


ヘルシンキの街が近づいてきました。


b0086273_843533.jpg


ヘルシンキの宿は、アパートメントホテル「asumo」


b0086273_8473855.jpg


ヘルシンキに行くことがあったら絶対にココに泊まりたいと思っていたのです。
京都出身のオーナーさんもとっても魅力的な方でした。


b0086273_8475857.jpg


庭もあれば、


b0086273_849136.jpg


サウナもあり。


b0086273_84929100.jpg


思っていた以上に快適で素敵な空間でした。


b0086273_9443170.jpg


「かもめ食堂」へはホテルから歩いて15分ぐらい。
「お客さんが日本人ばかりだったら、外から見るだけにしようね」と言っていたのですが、地元の人オンリーでした。
映画「かもめ食堂」を思い出しながらシナモンロールとコーヒーを頂きました。


b0086273_8544519.jpg


翌日はタリン日帰り旅行♪
旧市街に入って、若者の路上ライブを聴いている時はまだ曇り空だったんですけど、


b0086273_9383971.jpg


予約していたオルデ・ハンザでランチを終えて出てくると、だんだんと雨が強くなってきて、


b0086273_8564558.jpg


展望台からの景色は次回の旅のお楽しみにとっておくことにしました。


b0086273_91392.jpg


人気カフェ「Chocolaterie」のテラス席もこのとおり。


b0086273_935316.jpg


次回はタリンのホテルに1泊してみたいな。


b0086273_9394645.jpg


この日ホテルに帰ったのは22時過ぎ。
Tちゃんがお土産用に買っていた北欧版出前一丁とサラダとビールの簡単な夕食。
久し振りの、しかもヘルシンキで食べるインスタントラーメン、美味しすぎました~^^


b0086273_975978.jpg


あっ、今回の旅ではビールを売っているお店を探すのに苦労しました。
ビールやワイン無しでは生きられない方は、売っているお店をちゃんとチェックしておいた方がいいですよ!

最終日は晴れ。


b0086273_912152.jpg


だと思ったら、曇ってきたり。 北欧のお天気は変わりやすいようです。


b0086273_9125411.jpg


最後のランチはお洒落なレストラン「AINO」で。


b0086273_915736.jpg


トナカイ料理、サーモンスープ、サラダを頂きました。


b0086273_930054.jpg


いくら下調べをしていても、初めて訪れる街では迷ってしまうもの。
国内旅行でも迷うことがあるのだから、海外旅行となるとなおさらですよね。
今回もいろいろありました。^^
メトロの出口を間違っていたため、思っていた場所にホテルを見つけることが出来なかったり、コインロッカーの場所がわからなかったり、
迷路のようなタリンの町ではほとんど方向がつかめなかったし、
アラビア・ファクトリー行きのトラム乗り場が変更になっていて困ったり。
でも、その都度つたない英語で聞いたり、通りすがりの人たちの親切で乗り越えてきたのですが、
最後の最後にまたまたトラブル発生!^^

2年前のサンフランシスコ旅行の時、帰りの空港行きの電車が途中の駅止まりだったのに気付かずに楽しく話しこんでいた私たち。
結果、空港内を走り回り、冷静な状態だったらサブバッグに移すことも出来た荷物の超過料金を迷わず払い、係員の厳しい視線の中、ボーディングタイムぎりぎりに機内にすべりこむというハラハラドキドキを経験。

今回はそんなことがないようにしようね!と固く心に誓い、
前日にオンラインチェックインを済ませ、今回も荷物が重量オーバーしそうな私は、日本を発つ前に追加荷物の料金を払っていたのです。
が、実際に持ち込んだのは荷物2個ではなく、重量オーバーした27.7キロのスーツケース1個。
これが、フィンエアーの荷物カウンターのパソコンを狂わせてしまったのです。
カウンターを4ヵ所ぐらい回され、私の荷物タグのバーコードを読取る度にフリーズしていくパソコン。 
途中、「この荷物はフライトに間に合いません」っていうメッセージが出た時は本当にあせりました。
ボーディングタイムは16時40分。
免税手続きを済ませ機械でチェックインをして、下から出てきた荷物タグを受け取ったのは15時45分前後だったと思います。
5つ目に回されたカウンターでどうにか手続きを済ますことが出来たのですが、この時点で16時20分を回っていました。
あとは搭乗口まで必死に走った私たち。 そしてどうにかセーーフ! 
フェリーの中で出会ったご夫婦と再び出会い、何事もなかったように会話するTちゃん。
「ちょっとロンシャンのお店覗いてくるね」と何事もなかったようにわずかな時間をつぶす私。
このあと飛行機の中で飲んだビールは最高に美味しかったですよ~^^


b0086273_13282644.jpg


今回の旅の教訓は、空港にはボーディングタイムの2時間前までに着くことと、追加荷物と重量オーバー荷物は全く別物だということ。
それから、飛行機に乗り遅れた時の対処の仕方も前もって調べておこうと思いました。
調べてみると、あのナオトインティライミさんも世界一周一人旅の最初のフライトに乗り遅れたそうですよ。
ちなみに、心配していたスーツケースはちゃんと同じ飛行機に乗せられていたようで、関空で無事対面することが出来ました。

正式な北欧旅行のブログはまたゆっくりUPしていきますね。

by halftone26 | 2015-07-12 09:18 | ちょっとおでかけ | Comments(0)

<< 7月9日(木)楽しみを残して… 英語力のなさは旅を楽しむ力でカ... >>