カテゴリ:熊野古道「馬越峠」と尾鷲の旅( 1 )

ローカル列車で行く伊勢路

1ヶ月前に急に決まった秋の旅行。相方が「三重県・尾鷲に行きたいっ‥‥」って言うので、観光スポットをいろいろ調べたところ、なんと尾鷲は世界遺産・熊野古道の入り口だったのですね。知らんかった~。というわけで、相方に「今回の旅のテーマは、ローカル列車で行く伊勢路と熊野古道を歩く旅に決定~!」と言ったところ、「え~っ、熊野古道~?そんなん全然興味ないわぁ~~!」だと‥‥。そんな相方を説得して、山歩き超初心者の私たちの旅がはじまりました。
b0086273_627966.jpg
鶴橋から近鉄電車で松阪へ。松阪からはたった2両の各駅停車の列車で伊勢路へ向かう。2両目はガラガラです。今回の旅行のためにわざわざ買った、ザ・ノースフェイスのリュック。
b0086273_11525544.jpg
みんな前の席に足を伸ばして座っています。もちろん私たちも。
b0086273_6583634.jpg
駅のいわゆる立ち食いうどんで、松阪肉うどんと伊勢うどんを食べ、おいしい駅弁で有名な「あら竹」のモー太郎弁当をひとつだけ買ってみました。ここは日本一高い一万円の駅弁でも有名です。(要予約)
b0086273_9162677.jpg
めちゃおいしかったですよ~。ふたを開けると唱歌「ふるさと」のメロディが流れます。
b0086273_9195092.jpg
知らない町で途中下車してみました。「新鹿」という駅です。日本で一番美しい海水浴場がある町だそうです。
b0086273_11303918.jpg
とても気になった町「二木島」。列車の中から撮影してみました。
b0086273_6304970.jpg
今回の宿は紀伊長島駅から車で10分の「ホテル季の座」。急に決まった旅行とはいえ、久々の選択ミスでした。あの料金であの内容は‥‥
でも、良かったところもあるわけで‥‥
b0086273_9234893.jpg
ホテルの部屋からの景色です。美しい~!
b0086273_9255091.jpg
夕食後はおだんごを焼いて食べたりも出来ます。
b0086273_9265744.jpg
朝食は干物バイキング。これは良かったです!

翌日は、ホテルのバスで、熊野古道「馬越峠」の入り口まで送っていただきました。
b0086273_9422897.jpg

石畳が美しい「馬越峠」を約3時間のウォーキング。初心者コースらしいのですが、かなりきつかったです。山歩き超初心者の私たちは、飲み物も持たずに入山。もちろん自動販売機などありませ~ん。
b0086273_1092166.jpg
わんちゃんを散歩させている方もおられました。世界遺産熊野古道で散歩とはすごいけど、わんちゃんはしんどくないのだろうか?
b0086273_10154813.jpg
天狗倉山を目指して、こんな急斜面を登って行きます。相方がすんごい汗だくなので、心臓麻痺などおこされては困ると思い、リュックはほとんど私が背負っていました。自分自身のタフさにあらためて感動!
「あ~、一句できたよ~!人生は、馬越峠を歩くがごとし‥‥」というベタな句を読んで相方を笑わせる余裕もある私。
b0086273_9425068.jpg
苦しみを乗り越えるとこんな感動に出会えます。標高522mの天狗倉山からは尾鷲の絶景を一望できます。すばらしい!(カメラをかまえたすぐ下は、断崖絶壁!)

9時40分に入山し、尾鷲市内に着いたのは13時前後。お水も飲まずに本当によく歩きました。昼食は尾鷲駅の近くの「鬼瓦」という料理屋さんで。
b0086273_11322962.jpg

おかみさんおすすめの岩がきです。この秋初めてのかきでした。
b0086273_11374878.jpg
かつお茶づけってめずらしいですよね。かつお好きな相方は「うま~い!やみつきになりそ~」と悲鳴をあげていました。あと、お造りやめはり寿司などなど‥‥また食べ過ぎてしまいました。
最初の計画では、夕食は鶴橋で焼肉という予定でしたが、夕方になってもおなかがすかず、まっすぐ家に帰ることに。

熊野古道といってもいろんなコースがあるようです。次は「通り峠・千枚田コース」を歩いてみたい。日本一のスケールともいわれる千枚田に出会えるそうです。
<人気blogランキング>

by halftone26 | 2006-10-09 06:56 | 熊野古道「馬越峠」と尾鷲の旅 | Comments(5)