カテゴリ:八甲田ホテルとストーブ列車( 2 )

八甲田ホテルとストーブ列車の旅

元旦早朝の大阪空港は結構混んでいました。
私が乗る青森行きの飛行機は、東北地方大雪のため、仙台空港か三沢空港へ着陸が変更になるかもしれないという条件付きだったものの、なんとか無事、青森空港へ着陸することができました。
上空から見る青森市は、すっぽりと雪におおわれ、まるで墨絵のような美しさでした。

で、プチ鉄道オタクの相方はといいますと、前日31日の夕方、青森行きの寝台列車に乗り大阪を出発。つまり、別々の交通手段で青森に向かい、青森駅で待ち合わせしたってわけなんです。


憧れの宿、『八甲田ホテル』へは青森駅からシャトルバスで約60分。
b0086273_2371559.jpg

八甲田ホテルは国内最大級の洋風完全木造建築だそうです。
外は絶え間なく雪が降っていましたが、ホテルの中はポカポカです。
b0086273_23145637.jpg

ホテルの朝食です。
b0086273_23201985.jpg

『ひば千人風呂』で有名な『酸ヶ湯温泉』はすぐ近くです。八甲田ホテルからはいつでも無料で送迎してもらえます。なんつったって八甲田ホテルの親会社が酸ヶ湯温泉なんですから。
b0086273_23285490.jpg
もちろん私も混浴の千人風呂に入りましたよ。1ヶ月くらい通ったら、ゆで卵のような肌になれるじゃないだろうかと思えるくらい強烈なお湯でした~!気持ちいいと言うより、わ~なんか効いてるわ~と言う感じです。

さすが青森ですね!2段重ねのお餅の上には、ミカンではなくてリンゴ。
b0086273_2338429.jpg
左が「酸ヶ湯温泉」、右が「八甲田ホテル」に置かれていたものです。


旅に出るきっかけはいろいろですよね。
私たちの場合、いずれ廃止になってしまう寝台列車に乗って青森に行きいたいという相方の言葉がきっかけでした。青森の八甲田には、一度は泊まって見たい宿のひとつ、『八甲田ホテル』がありましたし。
同じホテルに泊まった方の中には、突然だんなさまを亡くされ、思い出のある八甲田ホテルに泊まりに来たというご婦人もいらっしゃいました。

↓弘前駅近くで見つけた、ウルトラマン雪だるま!?
ウルトラマンをデザインした成田亨氏は青森出身だそうですよ~
b0086273_1035667.jpg


『津軽鉄道ストーブ列車』って知ってますか?
旅行前「青森に行ってストーブ列車に乗ってくるよ」と自慢すると、「え~!何~?そのストーブ列車ってー?」と逆に質問されることが多かったんですけど。
文字どおり、列車の中にだるまストーブがあるんです。冬の間だけですけどね。
旅行番組で何度か目にした、ストーブの上でスルメを焼いているシーン。まさか自分たちも体験出来るとは思ってもみませんでした。隣の団体車両は混んでいましたが、私たちが乗った車両はそんなに混んでいなかったんです。
だるまストーブのそばに座り、スルメを焼いてお酒を飲む。外は津軽の冬景色。ホントに最高!でした。
スルメやお酒は車内販売はしていませんので、列車に乗る前に買わなきゃダメですよー♪
b0086273_10324933.jpg

『金木駅』で途中下車。太宰治記念館『斜陽館』がある町です。
b0086273_115556.jpg

b0086273_1121941.jpg
すごくりっぱな建物だったのでびっくりしましたが、太宰治のお父さんが大地主だったと知って納得しました。

ストーブ列車の旅を満喫して青森駅にもどったのは6時過ぎ。
その日の宿は、JALのマイルをためたかったので『ホテルJALシティ青森』です。
紅白のとり石川さゆりさんが歌った『津軽海峡冬景色』から想像する青森とは違って、青森駅前はかなり賑やかなんです。でも私たちの泊まるホテルの前はちょっとレトロな雰囲気でいい感じです~♪
夕食は駅前の『朝市寿司』さんでいただきました。青森で出合ったおいしいものはあらためて特集しますね。
b0086273_11103715.jpg
食事のあと、ホテルに向かい歩いていると『鳴海屋珈琲店』という看板にぶつかった。ちょっと入ってみようかということになりお店のドアを開けると、大晦日の紅白で心を打たれた曲、すぎもとまさと氏の『吾亦紅』が流れてきたのです。ビールをトマトジュースで割ったカクテル『レッド・アイ』を飲みながら、北国のレトロな雰囲気のお店で聴く『吾亦紅』はまた格別でした。
b0086273_1175787.jpg
こちらのお店のマスターは画家なんだそうですよ。実は翌朝もお店に寄り珈琲を頂きました。マスターの人生話を聞きながら…
b0086273_1218648.jpg


青森から大阪空港行きの飛行機は1日2便、午前中と夕方しかないんです。
用事で早い便で帰らなければならない相方を見送って、私は青森に残ることに。
どうしても行きたい美術館『青森県立美術館』『棟方志功記念館』があったからです。
b0086273_1150171.jpg
『青森県立美術館』はすばらしい美術館でした。設計は青木淳です。中央の「あおもり犬」は高さ8.5mもあるんですよ。

棟方志功の版画が大好きな私、八甲田ホテルや青森県立美術館でもたくさんの作品を見ることができましたが、あとで後悔しないように『棟方志功記念館』にも行くことにしました。
作品の数は少なかったのですが、とりあえず行けたので納得です!


最後に青森の『ジャズ喫茶disk』でカフェオーレを飲んで空港へ。
b0086273_12182323.jpg
私の心、そんなに汚れてはいないと思うのだけど、今回の旅で青森の雪景色を見ていると、本当に心が浄化されているような気持ちになりました。
「今年もたくさんの幸が降り積もりますように…」と八甲田ホテルのメッセージカードに書かれていたけれど、本当にそんな一年になるといいなぁ♪
青森の食べ物、すべておいしかったので、またあらためて特集したいと思います♪

by halftone26 | 2008-01-04 23:32 | 八甲田ホテルとストーブ列車 | Comments(6)

青森で出合ったおいしいもの♪

お正月の青森旅行の食事編です♪とにかく、ぜ~んぶ、うめかったぁ~!


◇◆◇◆ 青森駅前『朝市寿司』 ◇◆◇◆

青森駅前の『朝市寿司』さんで食べた、とろ鯖、ほやの塩辛、ほっき貝、もずく。
b0086273_1125826.jpg
青森の郷土料理じゃっぱ汁に、たらこの醤油漬け。
b0086273_1161189.jpg
青森の名酒『田酒』を飲みながら、お寿司をバンバン注文!

こちらの大将の話によると、酸ヶ湯温泉のおそばがすっごくおいしいらしいですよ~


◇◆◇◆ 八甲田ホテル ◇◆◇◆

八甲田ホテルはフランス料理が有名なんですよね。でも相方が和食がいいって言うんでそうしたんですが、すっごくおいしかったしボリューム満点でしたよ♪和食もおすすめです!
b0086273_1113371.jpg

朝食は、洋食を選びました。
b0086273_1124429.jpg



◇◆◇◆ みちのく料理『西むら』 ◇◆◇◆

青森観光物産館『アスパム』で食べた、縄文定食。
ほたてのみそ焼きがすごくおいしかったんです~!
写真はないけど、ほっけやハタハタも脂がのっておいしかったわー!
b0086273_11282398.jpg



◇◆◇◆ 五所川原『岩のりラーメン』 ◇◆◇◆

ストーブ列車に乗る前に食べた『岩のりラーメン』。
本当はしじみラーメンが食べたかったんだけど、入ったお店にはなかったんです。
b0086273_7101749.jpg



◇◆◇◆ 甘精堂『シーフード焼きうどん』 ◇◆◇◆

最後の日、お昼ごはんはぜんざいだけにしようと入ったお店で、
やっぱりガマンできずに『シーフード焼きうどん』を注文。
青森名産ホタテ入りですよ~。しかも稲庭うどんを使った焼きうどんです!
b0086273_11582938.jpg

青森を発つ前に、もう一度『ほたてのみそ焼き』を食べたかったんだけどなぁ…


◇◆◇◆ おみやげ ◇◆◇◆

写真はないけど、長いものお漬物もおいしかったんです~
手前の『津軽路せんべい』、お取り寄せしたくなるくらい気に入ってしまいました!!
b0086273_124930.jpg


あぁ、青森の雪景色が恋しいよ~~


by halftone26 | 2008-01-03 11:38 | 八甲田ホテルとストーブ列車 | Comments(2)