カテゴリ:高湯温泉ひげの家と山中現展( 2 )

高湯温泉・ひげの家


b0086273_11251354.jpg
<左下の白いプレハブっぽい建物が今回泊った旅館です^^>



今回の福島行きの目的は、福島県立美術館で開催されている「山中現展・夢の領域」に行くことでした。
でも、せっかく東北に行くのだから、近くに温泉があれば泊ってこようと思って探したところ、ありました!ありました!
やっぱり東北は温泉の宝庫ですねー
飯坂温泉、土湯温泉…、たくさんある中から今回は高湯温泉を選んでみました。
相方からは温泉博士って呼ばれている私だけど、高湯温泉のことは今回初めて知りました。

b0086273_11253245.jpg


高湯温泉を代表する宿というと、玉子湯、安達屋旅館、吾妻屋、ひげの家あたりらしいのですが、どれか一つを選ぶのは本当に難しくてかなり迷いました。
部屋の数は10室なのに、お風呂は8つもある吾妻屋も良さそうだし、安達屋旅館の囲炉裏端での食事も良さそうだし、ひげの家はなんとなくお洒落な雰囲気だし…
そして出発の3日前に、「ひげの家」に決めたのでした。

b0086273_11254845.jpg


高湯温泉は想像していたほど雪は積もってなくて、想像していたほど寒くもありませんでした。

b0086273_1633316.jpg


硫黄の香りプンプンの白濁りのお湯です。
夜、貸切露天風呂から見た星空は最高でした!結局、お風呂には5回ぐらい入ったのかなぁ。 

b0086273_16491822.jpg


露天風呂へ続く通路も素敵^^

b0086273_16525299.jpg


いろんなところに、お花がさりげなく飾られています。
壁に飾られている絵も素晴らしかったです。小倉遊亀に向井潤吉に斉藤清などなど。

b0086273_173299.jpg


部分的にリニューアルはされているのですが、宿自体はかなり古いようです。
でも、廊下から聞こえるミシミシという音も、ひなびた雰囲気をさらに盛り上げてくれているような気がしました。


こちらの宿を選んだ理由はもう一つ、料理が美味しいという評判を聞いたからです。
b0086273_1783751.jpg

料理はお膳で運ばれてきます。

b0086273_17105436.jpg

b0086273_1711121.jpg

b0086273_17112965.jpg

料理の量は少なすぎず多すぎず、ちょうど良かったです。そして味は評判どおりのものでした^^

温泉と食事以外は、浅田次郎の小説を読んで過ごし、のんびりしたとってもいい時間を過ごすことができました。

さてさて、こちらの宿泊料金ですが、私は夕食を部屋食でお願いしたので1000円アップとなり、1泊2食付きで13,860円だったのですが、食事処で頂いていたら12,860円ですよ!絶対に安い~

b0086273_17304356.jpg


「ひげの家」さんは日本秘湯を守る会に加盟されているので、帰りにスタンプ帳を頂いて帰りました。
日本各地にある日本秘湯を守る会に加盟している旅館に泊るとスタンプを押してもらえるのですが、3年間の間に10コたまると好きな宿に1泊できるんです。
以前にも挑戦したことがあるけど、これがなかなか難しくて。

by halftone26 | 2010-03-14 11:42 | 高湯温泉ひげの家と山中現展 | Comments(0)

山中現展・せんだいメディアテーク・ジャズ喫茶カウント


福島県立美術館で開催されている、「山中現展・夢の領域」に行ってきました。

山中現さんの作品に初めて出会ったのは約7年前。JR大阪駅のセルヴィスギャラリーでした。
まず、「えっ、これが木版画?!」と驚きました。
そしてすぐに、シンプルで柔らかな形と淡い色の作品に惹きこまれていってしまったのです。

b0086273_17292094.jpg


関西の小さなギャラリーでも時々個展は開催されているのですが、
初期から最近までの作品178点を一度に見る機会なんてなかなかないだろうと思ったので、
今回、福島まで行くことにしたんです。

が、土曜日だというのに福島県立美術館はびっくりするくらいガラッガラでした。
でもそのおかげで、山中現さんの作品を見るのに最適な静かな空間を提供してもらえることができました^^

今回は仙台経由で福島へ来ました。帰りもそうです。仙台・福島間は新幹線でわずか25分なんですよ。
駅弁を食べ終わった頃には到着のアナウンスが流れます♪
b0086273_12431170.jpg


去年は田代島へ行った帰りに仙台に寄り、定番コースをプチ観光したのですが、今回はちょっと違った視点で攻めてみました^^
まずはせんだいメディアテークへ。
「仙台に行ったら絶対にメディアテークに行ってね~」と友達に言われていましたから。

せんだいメディアテークは、図書館、ギャラリー、ミニシアター、カフェなどが入った複合施設で、建築家・伊東豊雄さんの代表作品です。
b0086273_17444010.jpg

この日は、前日読んだ浅田次郎さんの小説の影響を受けて(笑)写真をあまり撮らなかったんです。浅田次郎さんのおっしゃるとおり、美しい形をカメラではなく、心のスクリーンにとどめておこうと思って。
今はやっぱり撮っておくべきだったと後悔してますけどね(笑)
この建物、外観もカッコイイけど、内部はもっとカッコよくて楽しくて魅力的なのです!
こんな施設が近くにあったら、毎日でも行きたくなるだろうなぁ。仙台の人は幸せですねー^^


そして次に向かったのは、三越の近くにある「ジャズ喫茶・カウント」。昭和46年に開店した、全国的にも有名なジャズ喫茶なんです。
b0086273_1875465.jpg

むかし、神戸元町駅近くにあった「ジャズ喫茶・とんぼ」に似ている…
ここはやっぱり珈琲よりもお酒だなーと思って、珈琲を半分残しホットウィスキーを頂くことにしました。

お皿に山盛りのおつまみ、おかきやらチーズやらチョコレートをボリボリ食べながら、マイルス・デイビスの「サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム」を聴きました。

今回の旅は荷物を軽くしたかったので、キャノンの大きなカメラではなくパナソニックの小さなカメラを持参したのですが、こんなに暗い店内でもそれなりに綺麗に撮れて大大満足です^^
b0086273_883912.jpg

「真面目に働いて、またふらりと旅に出かけよう!」  そんな気持ちになった今回のふらり旅でした。

by halftone26 | 2010-03-14 11:00 | 高湯温泉ひげの家と山中現展 | Comments(0)