カテゴリ:小豆島・島宿真理( 2 )

小豆島1日目♪

9月最後の土日を利用して小豆島に行って来ました。


b0086273_16291161.jpg


ひと仕事終えたあとでやってくる相方とは、現地の宿で待ち合わせ。
私は神戸港11時15分発のジャンボフェリーでひと足早く小豆島へ向かいました。
約3時間の船旅になるのですが、うどんを食べたり、本を読んだり、


b0086273_1630431.jpg


お昼寝したり、景色を眺めたりしている内に、


b0086273_16302320.jpg


あっという間に小豆島坂手港に到着です。


b0086273_16303947.jpg


今回の旅のきっかけは6月末に読んだ新聞記事でした。
それは、東京から小豆島に移り住んだ装丁家・平野甲賀さんの「文字に文字展」が、9月27日から旧醤油会館で開催されるという内容だったのですが、

b0086273_16311622.jpg


「あっ、この展覧会、絶対に行きたいっ!」と、何故か強く思ってしまったのです。


b0086273_16313342.jpg


以前から相方は、「小豆島の二十四の瞳映画村に行ってみたいなぁ…」と言っていたので、多分喜んで付いて来るはず!という確信もあったからなんですけどね。^^


b0086273_1632564.jpg


そして、小豆島と言えば、いつか行ってみたい!と思っていた宿がありました。


b0086273_1052957.jpg


それは「島宿・真理」


b0086273_16325528.jpg


予約受付開始と同時に満室になってしまうことが多い人気宿です。


b0086273_16562751.jpg


「土曜日なんて空いてるわけないよな~」なんて思いながら、ダメもとでチェックしてみると、なんとなんと2部屋だけ空いていたのです。
その2つの部屋の中から選んだのは「で」の間。


b0086273_16342052.jpg


ウェルカムドリンクとお菓子を頂いたあと、


b0086273_116343.jpg


「て」の部屋へ。


b0086273_16351673.jpg


右側の階段を上がるとお風呂があります。


b0086273_1636625.jpg


洗面はこんな感じ。 この照明だと自分の顔が幽霊のように見えてしまいます。(笑)


b0086273_1181774.jpg


とにかく広くて、結局このソファには座っていません。(笑)


b0086273_16564913.jpg


このキャビネットの反対側に、


b0086273_16365348.jpg


ベッドルームがあったり、


b0086273_16371264.jpg


テラス付きの広い庭もあります。


b0086273_16373779.jpg


立派な庭です。


b0086273_1782944.jpg


夕暮れ時はこんな感じ。


b0086273_1638884.jpg


朝食後はここでコーヒーを頂きました。


b0086273_16383446.jpg


相方はこの椅子が気に入っていました。


b0086273_111125100.jpg


ただのお水もこんなボトルに入れると素敵ですよね~


b0086273_11132460.jpg


改装前の民宿の面影が残った食事の部屋もとっても素敵でした。


b0086273_1121221.jpg


料理もとっても美味しかったんですよ。


b0086273_16385563.jpg


お醤油は4種類。 諸味たれ、二段熟成、生あげ、淡口生揚。


b0086273_16391987.jpg


アラカルトメニューも選べるプランだったので、


b0086273_11422222.jpg


オリーブ牛の季節料理と小豆島の逸品魚の薄造りを選びました。


b0086273_1144098.jpg



ラウンジに置かれた果実酒。
「コレって有料なん? それともタダなん?」な~んて2人でコソコソ話しているいる間に飲みそびれてしまいました。


b0086273_1640814.jpg


朝食はこんな感じです。


b0086273_16404288.jpg


露天風呂は少し狭いけど、リピーターさんが多いのも頷ける素敵な宿でした。

by halftone26 | 2015-10-02 10:55 | 小豆島・島宿真理 | Comments(0)

小豆島2日目

翌日は「島宿・真理」のレンタカーで島めぐりを楽しみました。
今問題になっているフォルクスワーゲンのビートルですよ~^^


b0086273_16411312.jpg


まずは相方が学生時代に行ったことがあるという土庄港へ。


b0086273_16415137.jpg


そして中山の千枚田。


b0086273_16421356.jpg


今回の旅の前に、小豆島が舞台になった映画「八日目の蝉」を見たのですが、
これが、今回の旅をさらに楽しいものにしてくれました。
この映画、本当に良かった。 映画を観て泣いたのは久し振りです。


b0086273_1651364.jpg


貴和子と薫が自転車で坂道を下っていくシーンは、島宿真理のすぐそばの坂道で撮影されたそうです。
そしてココは↓、幻想的な虫送りのシーンで貴和子と薫が歩いた道かもしれません。


b0086273_16502323.jpg


近くにある「こまめ食堂」で珈琲タイム♪
オープンと同時に満席になってビックリ。 


b0086273_1715466.jpg


せっかくテラス席に座ることが出来たのに写真を撮るの忘れました。


b0086273_1734256.jpg


テラス席からの景色に癒されます~


b0086273_1742722.jpg


最初の予定では、レンタカーは2時間、そのあとはレンタサイクルに乗り換えて島を散策する予定だったのですが、
結局、レンタカー6時間、レンタサイクル2時間になってしまいました。


b0086273_17161780.jpg


二十四の瞳映画村へは渡し舟で行ってみました。


b0086273_1823195.jpg


オリーブナビの駐車場に車を停めて、


b0086273_18333884.jpg


二十四の瞳映画村桟橋まで、約10分で行けるんですよ。


b0086273_17532958.jpg


渡し舟と入村料がセットで1,480円。
入村料が付いていることを忘れて、二重に払ってしまった。


b0086273_17552677.jpg


青い空と青い海。 映画村の教室からの景色も素敵です。


b0086273_188457.jpg


ランチは「なかぶ庵で素麺」と決めていたのですが、結局、映画村の中のお店で頂きました。
ココの素麺もじゅうぶん美味しかったですよ。


b0086273_1811337.jpg


島宿真理にレンタカーを返したあと、レンタサイクルに乗り換えてもう少しだけ島内を散策♪
ここは小豆島で唯一の蔵元である「森國酒造」のギャラリー。


b0086273_18193459.jpg


築70年の佃煮工場をリノベーションしたそうです。


b0086273_18211549.jpg


カフェもあります。 


b0086273_18231243.jpg


のどが渇いたのでビールを飲みたかったのですが、アルコール類は日本酒ベースのものしかありませんでした。


b0086273_18225168.jpg


ビールの代わりに注文した冷たい甘酒がとっても美味しかったです。
近くにパン屋さんもあるのですが、こちらにもお洒落なカフェスペースがありましたよ。


b0086273_18253578.jpg


樽の形をした民家の表札。 とっても素敵です~


b0086273_18495114.jpg


小豆島で出会った猫ちゃんたち。


b0086273_1827694.jpg


とっても個性的な柄の猫ちゃん。


b0086273_1828105.jpg


このサビ猫ちゃんはとっても人懐こかった。^^


b0086273_1830925.jpg


帰りは坂手港17時45分発のジャンボフェリーで。 料金は片道1,990円なんですよ!安い~


b0086273_18393668.jpg


本当はもう少し早い便で帰る予定だったんですが、楽し過ぎてこんな時間になってしまったのです。


b0086273_18514523.jpg


こじんまりしていて、趣があって、自然がいっぱいで、


b0086273_18532492.jpg


そんな小豆島が大好きになってしまいました。^^


b0086273_185358100.jpg


船旅も島旅も楽しむことが出来た今回の旅。
神戸港と坂手港を結ぶジャンボフェリーは本当に快適でした。
この日は「中秋の名月」の日。


b0086273_1933555.jpg


うしろ姿を勝手にお借りしましたよん。^^

by halftone26 | 2015-10-02 10:00 | 小豆島・島宿真理 | Comments(0)