<   2011年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

自転車禁止!

いつもは自転車でヒュ~ンと行っている「マルコポーロ」
しばらくは自転車に乗っちゃダメなんで、昨日は歩いて行きました。 
入院前は歩いても13分くらいだったのに18分もかかってしまった。
まだ以前のように大股早足で歩くのはちょっと怖くて…

でも、お酒は退院した日から毎晩飲んでますよ^^


b0086273_11132023.jpg


この土日は病人らしく大人しくしていました。
レンタルしたDVDの中から、<扉をたたく人>と<南極料理人>を見たんですが、
入院中は笑うとお腹が痛かったので、<南極料理人>は見なくて良かったわーと改めて思いました。
調理担当・西村さんの娘役、小野花梨ちゃんがすごくいいんです!
<扉をたたく人>も心にジーンとくるいい映画だった。 ジャンベ習いたくなります♪

さて残り5枚、返却日27日までに全部見れるかどうか…

by halftone26 | 2011-10-24 11:16 | その他 | Comments(2)

はじめに

2011年10月5日から18日まで、子宮筋腫の手術で入院しました。
入院生活は今回が初めてではありません。
小学生の頃、近所のお兄ちゃんが運転する自転車から落ち鎖骨骨折で約1週間入院。
30代半ば頃、中耳炎の手術で約1週間入院。
この入院では「中耳炎入院生活」のHPを作るつもりだったので入院日記を付け写真も撮っていたのですが、
退院後仕事が忙しく、そのうちHP作りもめんどくさくなって、日記も写真も破棄してしまったのでした。
今となっては、何月に入院していたのか、手術料金はいくらだったのかもあやふやで、男前の先生の名前も、入院中親切にして頂いた同室のガン患者さんの名前も忘れてしまいました。

今回の入院生活のことは絶対に忘れないように、お婆さんになった時にも懐かしく振り返ることができるようにブログに残しておくことにしました。
また、子宮筋腫の手術を迷っている方やこれから入院される方に、このブログが少しでもお役に立てれば幸いです。


b0086273_10493135.jpg


何年も前から人間ドックのたびに指摘されていた子宮筋腫ですが、これといった症状が全くなかったので経過観察中でした。
去年(2010年)の春の検査では、確か握りこぶしくらいの大きさだったと思います。
毎年春に受けていた人間ドックを今年は秋に延期することに。
春ぐらいからお腹がポヨ~ンと出てきて、ジムに行っているのに体重が増えてきて、せめて去年の体重にもどして人間ドックを受けたかったという単純な理由です(笑)

その後もジムで体を鍛えているのに、たくさん食べているわけでもないのに、体重は少しずつ増え続け、ジム仲間に「最近太ってきたんちゃう?」と言われることもありました。
私は少しでもお腹がスリムになるようにと、健康グッズ・コルソルでグリグリお腹をマッサージしてました。(今思うとコワイ!)

そして6月くらいからはお腹がすごく張るようになってきて、生理前になるとそれが苦しいくらいだったんですが、これも歳のせい(更年期)だと思い込んでいました。
が、どこかで「もしかして筋腫が大きくなってたりして~?」なんて気持ちがあったからなんでしょうか、8月上旬に思い切って病院へ行き、筋腫が巨大化していることがわかりました。

by halftone26 | 2011-10-18 23:00 | 子宮筋腫入院日記 | Comments(4)

まとめてみるとこんな感じ

【病名】多発性子宮筋腫


【手術】腹式単純子宮全摘術  おへその下4cmくらいから縦に約13cm、ズバッっと切られました。 でもこれくらいで済んで良かった^^
子宮を取ってしまうことに関してはほとんど抵抗なかったです。



【入院期間】2011年10月5日入院、6日手術、18日に退院。 計14日間ですが、後半、外出許可を3回もらって自宅に帰りました。 我が家の猫たちにとってはこれまでで一番長~い留守番になりました。


【筋腫の大きさ】重さ約900グラム。 大きさは20cm × 16cm × 13cmくらい。
最初は少なくても1キロはあると言われていた私の筋腫。 約1ヶ月スプレキュア点鼻液を使ったおかげで、少し小さくなってくれてたようです。

手術のあと、生の筋腫を見せられた相方、「しばらく肝は食べられへんわ~」って言ってました(笑)


【手術時間】3時間くらいって聞きました。
手術の立会いは相方一人だけ。  母もやっぱり母親だから行かねば!と直前までうるさかったのですが、たいした病気じゃないから大丈夫だと言い切りました。 山口県からわざわざ来てもらうのもたいへんだし。
相方は病室でテレビを見たり、談話室で仕事をしたり週刊誌を読んだりして退屈はしなかったようです^^


【手術費用】国民健康保険限度額適用認定書の手続きをして戻ってきた料金を引くと、
保険内(手術や処置料)の料金が84,860円。  保険外の個室料金が7,875円×5日間と食費が9,100円で48,480円。
合計 133,340円となりました。


1ヶ月の自己負担限度額は、一般所得の場合、8万100円(医療費が26万7000円を超えた場合は、その超えた分の1%を加算)、70歳以上の人は44,400円となっているので、入院は月をまたがない方がお得です。
例えば1ヶ月の入院料金(保険内)が100万円だったとしても87,430円払えばでいいってわけです。



【医療保険】恥ずかしながら保険に関しては母まかせ。 私は保険料金の一部を母に送っていました。
で、まずはJA共済です。  日額10,000円 × 14日間 = 140,000円、  手術給付金(日額の20倍) = 200,000円
合計 340,000円

だったのですが、もともと日額は15,000円だったんです!  それを去年の秋に母が勝手に契約内容を変更してしまっていたんです! もとのままだったらプラス170,000円もあったのにぃ。

もうひとつはかんぽ生命です。
こっちは母から日額は5000円だと聞いていたので、入院5日目からの支払いで50,000円、手術給付金(日額の20倍)で100,000円、合計150,000円くらいかなと思っていたのに、全く違う金額が振り込まれていてビックリ!

後で送られてきた明細を見たところ、日額は7,500円で、手術給付金は日額の40倍になっていました。
日額7,500円 × 10日間 = 75,000円、  手術給付金(日額の40倍)= 300,000円で、合計375,000円
JA共済と合わせるとなんと715,000円になってしまいました。

どちらも手続きをして9日目くらいに振り込まれました。
大切に使いたいと思います^^


【仕事】私の仕事はお気楽自営業なので、仕事の心配はありませんでした。
9月に受けた仕事の担当者の方に、「事情があって10月は仕事をお休みします」と伝えたくらい。
電話に出なくても、メールの返信がなくても、「また海外旅行か~」と思われるだろうと思っていたのですが、とりあえず留守番電話の応答を「10月末まで仕事を休みします…」にしておきました。

by halftone26 | 2011-10-18 22:00 | 子宮筋腫入院日記 | Comments(0)

手術まで…

【8月5日】とりあえず病院へ行ってみることにしました。
お腹が張って苦しいこと、もしかしたら筋腫が大きくなっているのかもしれないと先生に告げ、隣の検査室へ。
お腹をさわり、こりゃものすごく大きくなってるわ!おへその上まできてるわっ!と驚く先生。 そのあとのエコー検査で、その大きさがはっきりしたようで、カルテには「巨大子宮筋腫」と打ち込まれました。
        
ホルモン治療をして筋腫を小さくする方法と開腹手術して筋腫を取り出す方法があり、手術の場合、2週間の入院が必要と告げられる。
そして、急に筋腫が大きくなる場合は良性の子宮筋腫ではなく、稀に子宮肉腫のこともあり、それは筋腫を取り出して検査してみないとわからないと言われ怖くなったり。
23日の診察の時までに、手術するかどうかを決めて欲しいと言われたんですが、5日の夜には手術することを決めていました。 
一番気になっていたのは猫たちのこと。 これまで14日間も留守にしたことが無かったから。
今回も相方とペットシッターさんと2本立てでいくつもりだったけど、相方がちゃんとめんどうみるから一人で大丈夫やで!と言ってくれたので安心しました。
手術は他の患者さんの予約が入っているため早くて9月中旬になると聞いていました。
実は、10月の9日10日に相方と九州旅行に行く計画を立てていて、すごく楽しみにしていたし、どうせなら手術はその旅行が終わってからでもいいかなと最初は思っていたんですが…。

次の診察の日まで約2週間あったのですが、この間も結構お腹が苦しかったんです。
相方には「旅行なんかいつでも行けるんやから、早く手術したほうがいいんちゃう? お腹、めちゃ大きくなってきたで!」なんて言われて悩みました。
秋の旅行、楽しみにしてたのにぃ…。



【8月17日】病院でMRI検査を受ける。
この頃は「急に筋腫が大きくなった場合は、稀に子宮肉腫の場合も…」と言われたことがすごく気になっていて、ネットで「子宮肉腫」を検索しまくり、「もしかしたら子宮肉腫かもしれない…」という気持ちにもなったりしていました。

今思うと、ちょうど生理前だったこの頃が一番お腹が苦しかった時期なんです。
翌日から父の誕生日会のために帰省しなくちゃいけなかったんですが、田舎に帰って体調が悪くなったらどうしよう。 手術の日まで我慢できるだろうかと心配になったり、旅行はキャンセルして早く手術した方がいいかもしれないと思うようにもなりました。



【8月23日】MRIの結果を聞きに病院へ。
MRIの画像を見てびっくり!  前から見ても横から見ても断面図?を見ても、お腹全体を筋腫が占領していたからです。
先生の説明によると、重さは少なくても1キロはあり、手術の時間は3時間くらい。 かなり大きいのでおへそを迂回して上まで切ることになるかもしれないらしい。
心配していた子宮肉腫のことを聞いてみると、MRIの画像を見る限りは大丈夫!だと聞いてホッとする。

数日前に相方と相談して、予定に入れていた旅行をキャンセルし早めに手術を受けることを決めていたので、そのことを先生に告げる。
で、ちょっと気になっていたことを先生に聞いてみました。「入院中、外出許可はもらえるんでしょうか?」と。 
「体調が良くなったら大丈夫ですよ」と先生。 「仕事が気になりますか?」と聞かれたので「仕事はどうでもいいんですけど、猫のことが心配なんです」と私。
先生は真剣な顔で「ね こ の こ と が し ん ぱ い」とカルテに打ち込まれていました(笑)

手術までの間、スプレキュアという点鼻薬を使いました。
お腹の張りが苦しいのでがどうにかならないものかと相談したところ、女性ホルモンを止めて筋腫の成長を止めるこの薬が処方されました。
実際、翌月の生理は止まりお腹はすごく楽になりました。
結局は2011年8月の生理が人生最後の生理となったわけですが、子宮を取ることに関しては最初から全く迷いませんでした。



【9月26日】術前検査を受けるため病院へ。
身長体重を計ったり、血液検査、胸部レントゲン、心電図、 呼吸機能検査など。

手術をすることを決心してからは、絶対に快適な入院生活にしようと情報収集に励みました。
手術や痛みのことも気になりましたが、そんなことよりも入院グッズをそろえることに必死だった私です。
まだ夏のバーゲンをしていたので、パジャマやタオルの買い物には助かりました。 小物類ではAmazonさんに一番お世話になったかも。 



【9月30日】相方と一緒に手術の説明を受ける。
この時、できるだけおへその上まで切らないようにしてください!と先生にお願いしておきました。

巨大子宮筋腫が発覚して入院するまでは、食事の量が少し減ったくらいで、あとはすごくフツーに生活しました。
この日はEXPG OVER 30 CLASS最後の日だったので、診察が終わって急いで駅に向かいました。

結局、10月9日10日の九州旅行はキャンセルしたんですが、入院前にとりあえずどこかに旅行に行っておきたくて、急遽、有馬温泉・ホテル花小宿に行くことに。 入院直前の土日に行ってきました。

入院はまだまだと思っていたのにあっという間にその日がやってきました。

by halftone26 | 2011-10-18 21:00 | 子宮筋腫入院日記 | Comments(0)

10月5日(入院一日目)

ついに入院の日がやってきました。
家を出るまで、なっちゃん&あっくんと出来るだけのんびり過ごそう。
そう思っていたのに朝からバタバタでした。 荷造りに、花の水やりに、部屋の掃除。
家を空ける時って普段はどうでもいいと思っているところまで綺麗に掃除しておきたくなるんですよね。

で、あっという間に時間は過ぎる。入院前に美味しいランチを食べておこうと思っていたのに、こっちも予定通りにはいかず。
結局、中華料理屋さんからから揚げと餃子の出前を取り、冷凍ご飯をチンして一人ランチ♪

時計が13時を回りそろそろ出発の時間。 なっちゃん&あっくんに何度もお別れを言って家を出ました。
相方は仕事なので一人でタクシーに乗り病院へ。
荷物は大きなスーツケースとボストンバッグ。 相方にはびっくりされたけど病院の人にはそんなに驚かれなかった。 「荷物多いですね」って言われたくらいでした。

入院して足りないものが出てきた時に、相方にあれ持ってきて、これ持ってきてと言っても、わからないことが多すぎると思ったので、とりあえず必要そうなものは全て持ち込みました。


b0086273_21535328.jpg


入院手続きを終えて案内された個室は、思ってたよりもキレイで広くとっても快適でした。
本当はトイレ付きの部屋が良かったんだけど、そのタイプの部屋は妊婦さん優先なんだそうです。
部屋には洗面しかないけれどトイレは歩いて16歩くらいの場所。 ここは婦人棟だし何も問題はなさそう。

そのあと、麻酔の説明や病棟の案内、検温などがあり、入院したことを改めて実感。
待ち時間を利用して快適な病室作り。 ↓ 持参したBOXに下着類や小物を分けて入れる。 サイズが合えばベッドの下にも置けます。 これおすすめですよ!


b0086273_21402160.jpg


で、さっそく足りない物が出てきた。
ロッカーにハンガーがひとつしか無かったんです。私は着替えをたくさん持ってきたので全然足りない。 相方にハンガーとドライヤー、ついでにクルクルドライヤーも持って来てもらおう。

16時から16時30分までシャワーを予約。 これから3日間シャンプー出来ないのがつらい。

そのあと早速外出許可をもらって、小雨の中、近所のケーキ屋さんへ。
明日から2日間は絶食に近い生活になるので最後に美味しいケーキを食べておきたくて。
ついでに近くのパン屋さんでパンも買っておくことに。
明日は手術の日なんですが、朝6時30分までだったら軽い食事OKと言われていたので。

買い物を終えて部屋に戻り、しばらくすると夕食が運ばれてきました。 病院の夕食は6時からです。
 

b0086273_21475271.jpg


今回の入院生活、第1回目の夕食です。 こう見えて味は結構良かったんですよ! 
こうゆう食事が約2週間も続いたら絶対に痩せられるはず! しかもアルコール抜きだし。


b0086273_21504861.jpg


夕食のあとコーヒーを入れてケーキを食べていたら突然相方がやって来ました。
今日はもう来ないのかと思っていたので嬉しくなった。 

今日はなんとなく旅行気分の一日だったけど、明日からはそういう訳にはいかないだろう。
下剤と睡眠薬を飲んでそろそろ寝ることに。

私の入院した病院では、剃毛も浣腸もなしでした。

by halftone26 | 2011-10-18 20:00 | 子宮筋腫入院日記 | Comments(0)

10月6日(入院2日目・手術当日)

部屋の換気扇の音がうるさくて熟睡できずに朝を迎えました。
単純に入り口にある換気扇のスイッチを切れば良かったんだと分かったのは、朝、検温にきた看護婦さんにうるさくて眠れなかったと伝えたあとでした。
病院ってところは、換気にすごく力を入れているんだなーと思っていたのにね(笑)

手術当日だけど6時30分までだったら軽い食事とってもokだったので、5時半に起きて昨日買っておいたパンとコーヒー、そしてヨーグルトでお腹を満たす。

手術までにはまだたっぷり時間があるので散歩に出掛けることに。 と言ってももちろん病院内ですよ。
屋上から撮った写真。 宝塚方面になるのかなぁ。
入院中、何度かこの屋上に散歩に来ました。 こんないい場所があるのに誰にも出会わなかったのがすごく不思議。


b0086273_22421282.jpg


部屋にもどり友達に借りたDVDプレーヤーで「最高の人生の見つけ方」を見ていると、「来たでー」という声と一緒に相方が明るく入ってきた。
時計を見るとまだ10時40分。早すぎるやん! 仕事の資料なんかをたくさん抱えて、なんとなく楽しそうにも見えた。

手術は予定通り12:30から。 血栓予防の白いストッキングをはき、手術着に着替えて部屋で待機。 手術の時間が近づくにつれてドキドキしてきた。 緊張して何度もトイレに行ってしまった(笑)

いよいよ手術室へ。
T先生と相方と歩いて3階の手術室へ向かう。
ドアの前で相方とお別れ。 まるで宇宙船のような無機質な部屋に置かれたベッドに横になり、背中に麻酔を打たれるとすぐに意識が遠くなりました。
とにかくここからの記憶がないんです! そして<手術終わりましたよ>と声をかけられ目が覚める。
記憶が無くなってから目覚めるまで、私にとっては本当に一瞬の出来事でした。

ベッドに寝たまま部屋にもどされ、しばらくすると相方が入ってきました。 手術のあと先生から取り出した生の筋腫を見せられた相方、「あんなー、筋腫の重さ900グラムやて。 すごかったでー! あぁ、しばらく肝は食べられへんわー」(笑)
手術前に、取り出した筋腫の重さだけは絶対に聞いといてよーとお願いしていたのでした。
8月の終わりの診察でMRI画像を見ながら、これは少なくても1キロはあると言われていた私の筋腫ですが、やっぱり約1ヶ月のホルモン治療で少しだけ小さくなっていたようです。


部屋にいる相方と言葉を交わそうとしても麻酔が効いているせいか、眠くて眠くて思ったことが言えない。
そして、「もうねんねしときー」と言って相方は帰っていきました。
いろいろとありがとね相方。 

麻酔のおかげで痛みはほとんど感じなかったものの、点滴やら麻酔やら足マッサージやらを付けられて不自由で寝苦しい夜を過ごしました。


b0086273_156362.jpg


こうゆう予定表の様なものを渡されます。 マグネットでロッカーに張り付けていました。

by halftone26 | 2011-10-18 19:00 | 子宮筋腫入院日記 | Comments(0)

10月7日(入院3日目・術後1日目)

お腹の痛みは全くと言っていいくらい無かったけれど、足に付けられた血栓防止のマッサージのおかげで楽な体制を取ることができずほとんど眠れずに朝を迎えました。
午前中に足マッサージと尿管をはずしてもらうとすごく楽になり、痛みはほとんど感じないし、な~んや、子宮筋腫の手術なんて簡単やん!と思っていました。
手術が無事終わったことを友達に伝えようとメールを打つことに。

「手術、無事終わりました。 取り出した筋腫の重さは約900g。 ほとんど痛みもなくすごく元気です!」


b0086273_12531518.jpg


しかしそれは甘かったのです。
午後2時過ぎくらいからジワジワとお腹が痛くなり、看護士さんに診てもらうとなんと麻酔の針が抜けていたのでした。
もう一度さしこむことはできないようなので、代わりに痛み止めをもらって飲んだものの痛みは全くおさまらない。
痛み止めの他に点滴に麻酔を入れる方法もあったので、今思うとそっちの方が良かったのかもしれない。
この日は午後からほとんどベッドで寝ていました。 午前中はあんなに元気だったのにえらい違い!
とにかく生まれて初めて経験する激しい痛みと戦い、またまたほとんど眠れない夜を過したのでした。

by halftone26 | 2011-10-18 18:00 | 子宮筋腫入院日記 | Comments(0)

10月8日(入院4日目・術後2日目)

結局、3日連続眠れない夜を過ごしました。
入院中は一応6時起床になっていて、7時45分くらいに朝食が出てきました。
夕食が6時の割には朝食の時間が遅かったんですよ。


b0086273_14164511.jpg


相変わらずお腹は痛いけど食欲はありました。
朝食には珈琲は付かないので、モンカフェのドリップコーヒーを持っていきました。
今回の入院のために買ったサーモスのポットはすごく役に立ちました。
10時と16時くらいにお茶をもらえるので、そのお茶を入れたり珈琲を入れたり。


b0086273_14232190.jpg


午前中はほとんどベッドで横になって過ごしました。
午後から少し元気が出てきたので病院内を歩いてみることに。 やっぱり痛い! 約15分歩いてはベッドに倒れこみ、しばらくしてまた歩いてみる、の繰り返し。
そうしてるうちにだんだん痛みがマシになってきて、夕方にはコインランドリーで洗濯なんかもしたのでした。
点滴は今日でおしまい。 術後はじめてうんちが出た日でもありました。
夜になると痛みがほんとに軽くなってきました。
今夜こそ熟睡できますように。

by halftone26 | 2011-10-18 17:00 | 子宮筋腫入院日記 | Comments(0)

10月9日(入院5日目・術後3日目)

目が覚めた時は痛みがかなりマシだったのに、歩いてみるとやっぱりまだ痛い。
恥骨の左上の奥あたりがつっぱった感じでズキズキする。
切り口自体にはあまり痛みを感じないのが不思議。 そして手術前よりもお腹が膨らんでいるのも不思議。

今日から一日3回抗生物質と痛み止めを飲むことになりました。

今日は術後初めてのシャワーの日。入院した夜のシャワーから4日振りです。
シャワー中は怖くてお腹を見ることができない。 シャンプーして髪の毛もさっぱりクルクルドライヤーで髪の毛を整える。
午後から友達がお見舞いに来てくれることになっているので久しぶりに化粧もしてみる。

昨日洗い忘れたタオルが数枚あったのでまたまた洗濯することに。 実は一番好きな家事は洗濯なのだ。

4時前に友達Sさんがお見舞いに来てくれた。
わざわざ遠い所まで来てもらうのは悪いので完全に内緒で入院する予定だったんだけど、やっぱりお見舞いに来てもらうのは嬉しいもの。 珈琲を飲みながら話がはずみました。

相方は午前中顔を見せてくれました。 今のところ皆勤賞!
今日はデキモノの神様として有名な石切さんのお守りを持ってきてくれました。 筋腫もデキモノみたいなものなのかな。

 
b0086273_14575179.jpg


NHKの「江」を見て沼田まほかるの「猫鳴り」を読み始める。
猫好きにはちょっとつらい始まり。
せめて猫が保護されるところまで読んで、安心して寝ようと思っているのになかなか期待通りに話が進まない。
猫のことが心配だけど、明日ゆっくり続きを読むことにしよう。


b0086273_1457865.jpg


手術のあと数日間は咳や笑いは禁物です! のど飴、絶対に必要です!

by halftone26 | 2011-10-18 16:00 | 子宮筋腫入院日記 | Comments(0)

10月10日(入院6日目・術後4日目)

夕べも2時間おきに目が覚めた。
看護士さんに熟睡出来ないことを相談すると、「家にいる時みたいに動いていないからねー」という軽い返事が返ってきました。
まぁ、眠れないと言ってもしんどいわけではないので、そんなに気にしなくていいのかな入院生活では。

そして今日はお引越しの日。 午前中、個室から4人部屋に移動しました。
2日前くらいに4人部屋に代わりたいと希望を出していたんですが、希望通りの日、希望通りの部屋の窓際のベッドに移ることができました。ラッキー!
看護士さんに手伝ってもらってお引越し。「重い物持っちゃだめですよーー!」なんて声を背後に聞きながら、せっせせっせと荷物運び。

まずは同室の方に挨拶!と言っても現時点では向かいのベッドのNさんだけ。 Nさんは数日間この部屋を一人で占領していたらしい。
私と同じ子宮筋腫の手術をされたってこともあってすぐにうちとけ会話がはずみました。
お引越しが終わり、やっぱり窓際の部屋はいいなーと寛いでいたらもうランチの時間。 今日は体育の日だったのでちょっとだけ豪華な感じ。


b0086273_13584577.jpg


4時からシャワー、そして夕食、そのあとNさんとおしゃべりしていると、相方が枕を持ってやって来た。
熟睡できないのは枕のせいもあるのかなーと思って、家で使っている枕を持って来てとお願いしていたのです。 コンビニでお菓子も買って来てくれた。 今のところ皆勤賞だよ!

消灯の時間まで「猫鳴り」の続きを読む。沼田まほかるの小説ってすごい!
なんか初めての感覚の小説かもしれない。 他の小説も読んでみたくなりました。

睡眠導入剤を飲んで10時就寝。 熟睡できますように^^


b0086273_14594730.jpg


食事も病院食のわりには美味しかったのです。

by halftone26 | 2011-10-18 15:00 | 子宮筋腫入院日記 | Comments(0)