元気です♪

3ヶ月振りの血液検査の結果は全て基準値内! 
すい臓に関する数値はもちろん、ちょっとだけオーバーしていた血糖値も、かなりオーバーしていた総コレステロール値も、全て基準値内でした!
運動はそんなにしていないけど、アルコールを控えて(ほぼやめている状態)、脂質制限しているだけで、体ってこんなに変わるんだ!ってちょっと感動!!
その代わりに出てきた朝方の腰痛をどうにかしたいと思う今日この頃なのですが。^^

30代の頃の誕生日の手紙に母がこんなことを書いてくれていました。
「由美ちゃんがこの世に生を受けて●●年。 これと言った病気もせずに元気でいてくれたことに感謝です」って。
40代になって色々と出てきたけど、まぁ、心配をかけるほどのものでは無かったし。
私には子供はいないけど、母のその気持ち良くわかります。^^
今年の前半は本当に辛かったけど、病気がうちの猫たちじゃなくて良かった。 私で良かった~ってしみじみ思いましたから。



b0086273_08545749.jpg


元気すぎるわが家の猫たち。^^


b0086273_08560288.jpg

# by halftone26 | 2017-09-26 08:56 | わが家の猫たち | Comments(0)

モザイクタイルミュージアム&犬山

ずっと行きたかった多治見のモザイクタイルミュージアム。
3連休最後の日に相方と行って来ました♪



b0086273_07333344.jpg


去年11月のラコリーナ近江八幡、12月のラムネ温泉に続き、藤森建築を訪ねるのは今回で3回目。
「18日が晴れだったら行こうね!」と約束していたのです。


b0086273_07484971.jpg


建物だけ見てると、ココはどこ? メキシコ?スペイン?って気分になってしまう。 あっ、どちらも行ったことありませんが…。


b0086273_07373859.jpg


横顔もかわいい!


b0086273_07411669.jpg


入口まで続く道を進んで行くと、


b0086273_07425083.jpg


なんてかわいい入口~! こんなに幸せな気持ちになれる建築ってすごくないですかっ!


b0086273_07443759.jpg


7時50分の新幹線で新大阪を出発し、モザイクタイルミュージアムに着いたのが10時過ぎ。
内部はそんなに広くないので、この時間帯でもやや混み合ってる感じでした。 午後からはすごい人だったんじゃないでしょうか。


b0086273_08063061.jpg


4階にあるタイルカーテン。


b0086273_08083669.jpg


このカーテンの製作には地元笠原町の人たちも参加したそうですよ。


b0086273_08112163.jpg


モザイクタイル好きの私にはたまらない空間。


b0086273_08262623.jpg


というわけで、大大満足のモザイクタイルミュージアムだったのですが、アクセスはイマイチ。
帰りのバスに乗ろうと思ったら待ち時間が約1時間。 駅まで歩くと1時間半ぐらいかかるそうです。
とりあえず、「陶勝軒」さんで和菓子を買って「笠原車庫前バス停」まで歩くことにしました。


b0086273_08335493.jpg


お店のベンチもタイル貼り。


b0086273_08344333.jpg


ゴミステーションもタイル貼り。


b0086273_08360196.jpg


「笠原車庫前バス停」で次のバスの時間を確認すると約40分待ち。 バスはあきらめてランチのお店「うな千」さんまでタクシーで運んでもらいました。 ちなみにタクシー料金は1800円ぐらい。


b0086273_08401002.jpg


多治見名物の鰻ですが、私は脂質制限しているので2枚だけの鰻丼を注文。
正直こんなに小さいとは思わなかった~寂しい~ でも味の良さは良ーーくわかりました!^^ これで1400円ぐらいです。


b0086273_08435626.jpg


ランチのあとは、陶器のギャラリーや飲食店が建ち並ぶオリベストリートを歩いて、


b0086273_08481918.jpg


土岐川に掛かる多治見橋を渡って駅まで戻りました。 暑かった~


b0086273_08504167.jpg


ちょっと前にやっていた「鶴瓶の家族に乾杯」のロケ地足助がとっても良かったので、そっちにも行こうかなぁと計画してみたのですが、
日帰りでは時間的にちょっと厳しかったんです。 その代わりに選んだのが「犬山」です。
国宝犬山城の天守閣のはしごのような階段にはビックリ&楽しかったし、


b0086273_08574594.jpg


天守閣からの景色にも癒されました。^^


b0086273_09030471.jpg


町家が建ち並ぶメインストリートにはたくさんの人。 そのほとんどが若者なんですよ!
グルメの街としても話題になっていて、あちこちのお店で行列が出来ていました。


b0086273_09023712.jpg


そして最後は名古屋駅で「きしめん」です。


b0086273_09115279.jpg

万歩計アプリによるとこの日の歩数は、ななんと19000歩!
3日間ぐらい体の疲れがとれなくて、あらためて「歳」を感じてしまいました。

# by halftone26 | 2017-09-20 07:34 | ちょっとおでかけ | Comments(0)

阿知須温泉てしま旅館ー②

「てしま旅館」は旅雑誌やインテリア雑誌で紹介されていたので、かなり前から知っていました。
ふるさと山口県にある気になる宿ではあったけど、「猫庭」がなかったら宿泊することはなかったと思います。
「てしま旅館」は今の経営者のおじいさんが40年前に始めた宿。
2003年にリニューアルされたのですが、内装はSOU・SOUのインテリアデザイナー辻村久信氏で、当時はデザイナーズ旅館として話題になったようです。
そのリニューアルからもう14年も経っているので、あちこちに「ちょっとくたびれた感」が出てきていました。 



b0086273_16214510.jpg


今回は、1月に「てしま旅館」さんのHPで購入した「お得なクーポン」を使って宿泊。 通常の料金よりも2,000円ぐらい安いプランです。
部屋はロフトがある「墨白の間」にしてもらいました。(追加料金が必要)


b0086273_16302592.jpg


木をふんだんに使った温もりのある入口。


b0086273_16333243.jpg


コンパクトでスッキリ!


b0086273_16373294.jpg


右側の階段を上がっていくと、


b0086273_16390274.jpg


お布団スペース。 この部屋は4名まで泊まれるように造られています。


b0086273_16412816.jpg


部屋に置かれていたBose Wave music systemは全く使わず。 1人だったら使っていたけど…。
母はテレビで大好きなバレーボールを観戦。


b0086273_16465499.jpg


ご夫婦、小学生、中学生のお子さん3人、スタッフ1名で一生懸命運営されている感じは伝わるのですが、やはり手が回らない部分もたくさんあるみたいです。


b0086273_16514216.jpg


部屋の鍵もそろそろ替え頃かもしれませんね。


b0086273_17183222.jpg



「猫庭」だけでじゅうぶん満足した私ですが、「料理が美味しい!」という口コミをたくさん読んでいたので、夕食もすごく楽しみにしていました。
母にも「料理自慢の宿だから楽しみにしててよ~」と期待させていたし…。


b0086273_16575231.jpg


最初に頂いたウニはとっても美味しかったし、全体的な味は悪く無かったのですが、


b0086273_16590197.jpg


料理の内容が思っていたものと違うんです。


b0086273_16595871.jpg


写真の料理の他に、前菜3品と釜飯だけで終了となってしまい唖然!
「このあと、茶碗蒸しと天ぷらは絶対に出てくるよ~」と楽しみにしていた母も唖然&がっかり!
ショック過ぎてその時は何も言えなかったので、チェックアウトの時に聞いてみることにしました。
ちなみに朝食はこんな感じ。


b0086273_17100723.jpg


このお豆腐が美味しかった~


b0086273_17132609.jpg


デザートはもともと夕食に付いていたものなのですが、朝食後に変更することも出来ます。
ロビーラウンジに移動して「猫庭」を眺めながらゆっくり頂きました。


b0086273_17154197.jpg


で、夕食の件ですが、チェックアウトの時に確認してみたところ、プランの内容が間違っていたようです。
私が使ったクーポンの夕食は「長州ほほえみ会席」だったのですが、実際に出されたものは1番安い「猫庭御膳」だったようです。
結局、部屋の追加料金と飲み物代が無しになり、おまけに朝食時に出てきた卵かけごはん用のお醤油2本と、オリジナルトートバッグまで頂くことに!(決して私と母がごてたわけではありませんよ^^)


b0086273_17331751.jpg


てしま旅館のまわりの風景はこんな感じ。
近くにはゴルフ場があるくらいで、観光スポットなどは何もないところなのですが、「猫庭」が2階建てになったら、帰省のついでにまた行ってみようと思います。


b0086273_17404256.jpg


# by halftone26 | 2017-09-13 16:26 | ちょっとおでかけ | Comments(0)

阿知須温泉てしま旅館ー①

延び延びになっていた山口への帰省をやっと実行。
3泊の内1泊は母と温泉旅行へ♪ 9月6日に84歳になった母への誕生日プレゼントです。


b0086273_11503378.jpg


以前はデザイナーズ旅館として、雑誌にも掲載されていた阿知須温泉「てしま旅館」ですが、
今は<猫のいのちをつなぐ旅館>として有名です。


b0086273_11565065.jpg


猫たちがいるのは庭に設置されたスペースの中なので、猫が苦手な人が宿泊しても大丈夫。

 
b0086273_15350953.jpg


「クラウドファンディング」で資金集めして出来た保護猫シェルター「猫庭」は、猫たちにとって最高に快適な空間になっていました。


b0086273_15265232.jpg


宿のラウンジスペースに面した部分が全面ガラスになっているので、


b0086273_15304094.jpg


猫たちが自由に過ごしている様子を、ソファに座っていつでも見ることが出来るんです。


b0086273_15323856.jpg


右側の奥に見えるのが「猫庭」です。


b0086273_17512481.jpg


もちろん、中に入って猫たちと触れ合うことも出来ます。


b0086273_15391271.jpg


20匹以上いたのかな。 


b0086273_16160165.jpg


みんな仲良しで可愛いコばかりでした。


b0086273_15414191.jpg


大人猫も10匹ぐらいいて、何度もスリスリされたり、


b0086273_15500761.jpg


「猫はあまり好きじゃない…」なーんて言っていた母もこのとおり。^^


b0086273_15440330.jpg


シェルター「猫庭」の館長さんは、この宿の次女ちゃん。
8月中旬にNHKの「もふもふ夏スペシャル」で「てしま旅館」の「猫庭」が紹介されていたのですが、その時の受け答えが素晴らしかった!


b0086273_16073922.jpg


この日も2匹の猫たちが里親さんに引き取られて行きました。


b0086273_16104456.jpg


来年はこのシェルターが2階建てになって、部屋の窓からも猫たちの様子を見ることが可能になるとか…。 楽しみですねー^^
と言うわけで、「猫庭」は本当に素晴らしかったのですが…、
次は「部屋」「料理」編です。


# by halftone26 | 2017-09-11 11:52 | ちょっとおでかけ | Comments(0)

フランクフルトで出会った女性

<ロンドン&コッツウォルズ&フランクフルト旅の話です>

「旅の最後にフランクフルトでビールを飲んで帰ろう~!」
去年7月末、友達とのLINEでそう決めて、ロンドン→フランクフルト→日本への帰りのチケットを予約。
その時点では、7ヵ月後に禁酒生活に突入することになるなんて全く想像していなかったけど、
フランクフルトでは友達が注文した本物のビールをちょこっとだけ味見させてもらったし、ノンアルコールビールもじゅうぶん美味しかったので、とりあえず、「旅の最後にフランクフルトでビールを飲んで帰ろう~!」は実現出来た!ってことにしておきましょう。^^

そんなフランクフルトでは、ちょっとした出会いもありました。
1泊だけの滞在だったので、ホテルと行きたいお店以外は全くチェックしていなかった私たち。
空港から市内へ行く電車乗場まではスムーズに移動出来たのですが、ホームにある券売機での切符の買い方がさーーっぱりわからない。
2人であーでもないこーでもないとモタモタしていたら、券売機の近くに座っていた女性が助けてくれたんです。
しかも、私たちが予約しているホテルの近くまで行くそうで、一緒に案内してくれたんですよ。
その女性についてわかっているのは、中国出身で名前はウェン・イー(そう聞こえました)さん。
清楚で笑顔が素敵なとっても可愛らしい女性でした。 ルフトハンザドイツ航空で働いているそうです。
私たちが「ロンドンからルフトハンザで来た…」って言ったら、とっても嬉しそうだった。^^

もともと、フランクフルト中央駅⇔ホテル間はタクシーを利用する予定だったのですが、ウェン・イーさんが「タクシーは良くない!(高い?)」と言って、電車移動になりました。
おかげで帰りは、持参したスーツケース、新しく買ったリモワのスーツケースを持っての電車での移動がとーーってもたいへんだったけど、これも今ではいい思い出。^^

下の写真は、ウェン・イーさんが帰りの切符を買ってくれた時に乗り換え方法を書いてくれたメモ。
電車と飛行機のイラストも可愛いです。^^
なのになのに当日は、乗り換えにかなり迷ったあげく、「この番号なんだったっけ~?」と、メモに書かれたS8とS9の意味を完全に忘れてしまっていた私たち。 
ウェン・イーさんの説明を聞きながら、「イエース! OK! サンキュー!」と答えながら、結局全然わかっていなかったのでした。(苦笑)
この謎の番号が空港に行く電車の番号だと分かった時は、本当に気持ちがスーッとしました。^^


b0086273_16493425.jpg


# by halftone26 | 2017-09-05 16:50 | ロンドン&コッツウォルズ&フランクフルト | Comments(0)

ノンアルコールビールとジップロックに感謝!の旅♪

365日アルコールを楽しんでいた私が、すい臓の炎症発覚後、ゆる~い禁酒生活に突入。
そして7月のロンドン旅が禁酒後初めての海外旅行でした。 
旅行中も好きなだけお酒を飲んでいた私にとって、いきなりお酒ナシ!の旅はさすがに辛いな~って思っていたのですが、
ロンドンにもフランクフルトにも、ちゃーーんとそれに変わるものがありました!
それはノンアルコールビール!
しかも種類もいろいろあって美味しいし、じゅうぶん本物のビールの雰囲気を味わえましたよ~
1番美味しかったのは、0.5%だけアルコール分が含まれいるフランクフルトで飲んだコレかな(右)。 左は友達の本物のビール。
ちなみに「alcohol-free beer 」ではなく、「non-alcohol beer」 の方が通じやすかったです。


b0086273_09300818.jpg



というわけで、今回の旅行中、私が1番感謝したものは「ノンアルコールビール」だったわけですが、
友達が1番感謝していたのは「ジップロック」
「ジップロックって本当にすごいわ~」って何度もつぶやいておりました。^^
化粧品を入れたり、食品を入れたり…、旅の必需品ですよね!
もちろん私も毎回お世話になっています。

「ところでジップロックってどこの商品やった? ドイツかなぁ~」 「そうちゃう…」 な~んて会話もしていたのですが、
旭化成ホームプロダクツ株式会社! Made in JAPANの商品でした。^^ 


b0086273_09365249.jpg


# by halftone26 | 2017-09-04 09:30 | ロンドン&コッツウォルズ&フランクフルト | Comments(0)

ロンドンで買ったぬいぐるみ。

7月のロンドン旅で買った猫のぬいぐるみです。
ロンドンにしては落ち着いた雰囲気のストリートの一角にある「Mungo & Maud」ってお店で買いました。
わが家の猫たちのお土産に、「ロンドン柄の首輪があるといいなー」なんて思っていたのですが、こちらのお店には上品でちょっと高級なものしかなかったんです。
数少ないグッズの中から、「とりあえず記念に…」と選んだのがこのぬいぐるみ。
15.75ポンドって値段も気に入りました。^^


b0086273_09273231.jpg


買った時は気付かなかったけど、お腹を押さえると、「ファー」って音が鳴るんです。
「ファー」ではなく「ニャー」だったら嬉しかったのですが。
普段はソファの上のクッションの間にはさんで、さりげなくディスプレイ。
ちなみに、下のクッションはストックホルム、上のクッションはパリで買ってきた物。


b0086273_09324981.jpg


ロンドンのペット雑貨のお店ですが、「Holly & Lil」ってお店もあるようです。
このお店にはロンドン柄の首輪もたくさんあるみたいですよ~
って、帰って来て見つけても仕方ないのですが…(笑)


# by halftone26 | 2017-08-31 09:33 | ロンドン&コッツウォルズ&フランクフルト | Comments(0)