ひろしま美術館・ドービニーの庭♪

山口への帰省途中で広島駅で下車したのは、「ひろしま美術館」へ行きたかったから。
今年の秋、アムステルダムのゴッホ美術館へ行く前に、とりあえず「ドービニーの庭」を見ておこう!と思ったからなんです。
がぁ、「とりあえず」なんて言葉を使ったのが恥ずかしくなるくらい、濃厚な時間を過ごしてしまいました。


b0086273_16174888.jpg


原爆ドームをイメージした円形のメイン建物に美術館が所蔵している作品が常設展示されているのですが、この作品たちがすご過ぎました。
ゴッホ、ピカソ、セザンヌ、ルノワール、デュフィ、モディリアーニ、黒田清輝、青木繁、佐伯祐三、藤田嗣治などなど。


b0086273_16181893.jpg


次の企画展が始まる前日だったので、人も少なくゆっくりと鑑賞することが出来たのも良かったです。


b0086273_16184845.jpg



作品を見る前に敷地内にある「カフェ・ジャルダン」でちょっと早めのランチ。
ボリューム的にはちょっと物足りない感じだったけど、せっかくなので、ゴッホの「ドービニーの庭」をイメージしたガーデンサラダを選びました。


b0086273_16194260.jpg


回りを見渡すと、テーブルの上のレシート入れだけでなく、カフェの看板や窓ガラス、ロッカーにも黒猫が使われていて、注文したサラダの説明にも「サラダの中に黒猫が隠れています…」な~んて書かれている。
猫好きな私にはとっても嬉しいことなので、その時は深く考えなかったのですが、あとでこの「黒猫」の意味がわかった時はちょっと感動してしまいましたよ~^^


b0086273_16201626.jpg


もしも美術館が混んでいたら、カフェでランチしたあと、ゴッホの「ドービニーの庭」を見て他の名画もサクッと見て、ひろしま美術館をあとにしていたと思うんです。
それが全くといっていいほど混んでいなかったので、ミュージアムガイダンスでも見てみようか!ってことになったわけです。
スマホでアクセスして「ドービニーの庭」のガイダンスを見て読んで、「黒猫」の意味がわかった時は、思わずうなずいてニンマリしてしまいました。


b0086273_16211248.jpg


実は実はこの作品にはもともと黒猫が描かれていたそうです。
1901年の「ゴッホ回顧展」のために消されてという説が有力らしいのですが、消されて理由はいくつか説があって、猫の絵がへたくそだったとか、黒猫は縁起悪いからとか…。 どちらにしてもこの絵が高く売れるように加筆されたそうですよ。
ゴッホはこの作品を描いた2週間後ぐらいに自殺してしまい(1890年)、死後はまずドービニー婦人に寄贈され、いろんな所有者のもとを転々として(ベルリン国立美術館に収蔵された時期もあったり)、ひろしま美術館を設立した広島銀行がこの作品を落札したのは1974年。
そして2008年に吉備国際大学が行ったエックス線を使った調査で黒猫が消されていることがわかったんだそうです。
ちなみにスイスのバーゼル美術館にある「ドービニーの庭」には、しっかりと黒猫が描かれています。
ゴッホファンの方やひろしま美術館ファンの方だったら、知ってて当然!のエピソードかもしれませんが、私が知ったのはつい数日前。
画家の生涯や作品の隠れたエピソードを知ったり、どんな所有者を経てきたのかを知ると、ひとつの作品でもこんな楽しめるんだ~!と改めて気付かされたのでした。


b0086273_16500153.jpg
b0086273_16502565.jpg


上が「ひろしま美術館」、下が「バーゼル美術館」の作品。 たしかに、黒猫がいない方がバランス的にはいいのかもしれませんね。^^


# by halftone26 | 2019-06-18 16:22 | ちょっとおでかけ | Comments(0)

なっちゃんの冒険♪

楽しかった旅を終えて家に帰ると、そこで待っているはずの愛すべき猫の姿が無い!
想像してみてください! 誰だってパニックになりますよね! 実は1ヶ月前、実際にそれを経験してしまいました。
5月7日夕方、GWの旅を終えて家に戻ると、あっくんはいつものように「ニャ~ンニャ~ン」とスリスリ甘えて迎えてくれたのですが、なっちゃんの姿がどこにもないのです。
まず相方を疑いました(笑)。 5月5日まではペットシッターさんに猫たちのお世話をお願いしていたのですが、相方は私よりも1日早い5月6日に帰っていたのです。
相方がベランダで緑たちに水やりをしている時に出てしまったとか、玄関のドアを開けた時に出てしまったとか…。
最悪のことも考えましたよ。 もしかしてベランダから落ちてしまった? ちなみにわが家は14階です(ブルブル)。 恐る恐る手摺り越しに下を確認してみたけどそれらしき物体は無くホッとしたり。 
そしてふと頭に浮かんだのが、帰って来た時に玄関前で見つけた小さなウンチ。 あれは間違いなくなっちゃんのもの。 
見つけた時は相方が捨てる時に落とした?って、この時も相方を疑ったのですが、これってもしかしてなっちゃんの合図かもしれないって思ったんです。
「お母さん!助けて!なっちゃんは外に居るニャンよ~」って(涙)。
あとで冷静に考えると、猫はそこまで深く考えて行動しないと思うので、ただウンチを我慢出来なかっただけだと思いますけどね。^^  そんなことから推測して、なっちゃんは廊下側に出て行ったと確信。
 「絶対に絶対になっちゃんを見つけてやるーーっ!」と闘志を燃やし、好物のちゅ~ると懐中電灯を持って玄関を出ました。
まずは14階から1階までの廊下を隅から隅まで探して行くことに決め、右を見て左を見て、どっちから探そうかと一瞬迷って階段に近い左側へ10歩ぐらい進むと、L字になっている手摺りの陰に白い物体が!
そう、その物体はなっちゃんだったのです! もしかしたら、「なっちゃ~ん!なっちゃ~ん!」と探している私の声を聞いて、ここまで移動して来ていたのかもしれません。
見つけてもらえてホッとしたのか、鳴きもせず動こうともせず脱力状態のなっちゃんをそっと抱きかかえて家の中へ戻り、思いっきりぎゅーっと抱きしめてあげました。
そんなわけで、「ひゃー!なっちゃんがどこにもいないーー!」のパニックから始まり、「わー!なっちゃんが見つかったーー!」まで1時間足らず。 玄関を出て探し始めて数秒で見つかったので「めでたしめでたし」だったのですが、
帰るのがもう1日遅かったら…とか、もし海外旅行中だったら…なんてことを考えるとホントにぞーっとしてしまいます。

真実はなっちゃんのみぞ知る!わけで、ほとんど私の推測になってしまうのですが、とりあえず今回の事件の覚書です。

<脱走場所>浴室の窓格子の隙間から。これは間違いないと思います。 相方、疑ってスミマセン。^^
外の風を入れてあげようと思って窓を少し開けていました。 格子と窓の間には目隠し用のすだれを掛けていたのですが、15cmぐらい長さが足りませんでした。
格子の間隔は一番広い部分で10cmぐらい。 あとで考えるとなっちゃんの細さなら完全に脱走可能。 出ることは出来ても外から中に入るのはちょっと無理なんですよね。
ちなみにあっくんは体系的に無理?でもそれで良かったぁ。

<脱走時間>12時間~30時間? ペットシッターさんの報告書には特に変化は無かったので5月6日あたりに脱出したと思われます。
お腹も空いていたし眠れなかったのでしょう。 家に戻ってすぐにごはんを食べて、そのあと鼻を真っ赤にして爆睡していました。
なっちゃんの足が汚れていたのは何故? 5月6日は午後から雨でしたっけ? 人間で言うとくるぶしから下の部分が汚れていたんです。
1階まで階段で降りて近所を散策し、また14階まで上がってきた? なーんてことはまず無いかな~^^ ついついそんな姿を想像してしまいます。^^

<脱走した理由>ただの好奇心? 16歳のおばあさんなのにすごいなー それが若さの秘訣かも。

<あっくんはどうしてた?>浴室の窓越しになっちゃんに声をかけたりアイコンタクトを送っていたかもしれません。

<相方さんは何をしてた?>1日早く帰った相方さんは、なっちゃんがいない事に気付かなかったのかなー?なんて思われている方に説明しおきますね。 実は相方1人の時はなっちゃんはほとんど姿を見せないそうなんです。 だから相方が居る時にすでに脱走していたとしても気付かなかったと思います。

今回の出来事、なっちゃんの中ではどんな思い出として残っているのかな。
「ハラハラドキドキしたけど楽しかったニャ~」
無事に帰って来れたのでそういうことにしておきましょうか。ねっ。^^


b0086273_09533724.jpg
b0086273_09544615.jpg


ベッドカバーに残した足あとさえも愛しく感じてしまいます。


b0086273_10095500.jpg


# by halftone26 | 2019-06-12 09:54 | わが家の猫たち | Comments(2)

可愛いよ~

すっかりあっくんのモノになってしまったオットマン。 相方も気に入っていたんだけどねコレ。


b0086273_14595006.jpg


この上で気持ち良さそう~に眠っている姿を見ていると、とっても幸せな気持ちになってきます。


b0086273_15000912.jpg


たまには思いっきり伸び~したり…。 あっ、ヨガのポーズでこーゆーの↓ありますよねっ!


b0086273_15250300.jpg


上から見てもこんなに可愛いのです!^^


b0086273_15003078.jpg

# by halftone26 | 2019-06-10 15:01 | お気に入り | Comments(0)

複雑な気持ち…

4月半ば、大阪の百貨店でピアスを買った1週間後、お店の方から電話がありました。
「大変申し訳ありません!保証書をお渡しするのを忘れてしまいました。お送りしてよろしければ、申し訳ありませんが住所を教えて頂けないでしょうか…」と。
12000円程度のものだし、「保証書は特に必要ないので大丈夫です!」と明るく言ったんですよ。
そしたら、「修理が必要になった場合、保証書が必要になりますのでお渡ししないといけないんです…」とおっしゃるんです。
その時は確か何か用事をしていて、早く電話を切りたかったんだと思います。
住所を言うのもめんどくさかったので、「じゃあ大阪に出掛けた時に取りに行くので大丈夫です!」と明るく言って電話を切りました。
実際にお店に行ったのは1ヶ月後ぐらいだったのですが、保証書と一緒にお詫びの品として渡されたのが↓写真のクッキー。
「たいしたことではないので要りません!」と2回ぐらい言ったのですが、「本日はご足労おかけして申し訳ありません!」と何度も頭を下げられ、結局受け取ってしまいました。
クッキーはとっても美味しかったけど気持ち的にはちょっと複雑な感じ。 数枚食べて、残りは相方に「会社の人と食べてね!」と渡してしまいました。


b0086273_15181363.jpg

# by halftone26 | 2019-06-07 15:18 | その他 | Comments(0)

天王寺散策とお芝居と♪

昨日の天王寺ちょこっと散策♪&近鉄アート館で観たお芝居が楽しすぎたので、下の写真をPIXTAで買ってしまいました。(648円)
この角度からの写真は私には撮れないので。^^


b0086273_15160334.jpg


実は天王寺あたりに行くことがあったら絶対に行こう!と決めていたお店がありました。
それは建築家・村野藤吾氏の事務所をリノベーションした「友安製作所Cafe&Bar」
「やっと行ける~」とワクワクしながら、念のために営業日をチェックしてみたところ、ちょうどこの日は改修工事で臨時休業だったんですよ。トホホ…
で、その代わりに選んだお店が「あべの横丁」にあるお好み焼屋「あべとん」
人気の「コラボ焼き(モダン焼き&ねぎ焼き)」を頂いたのですが、やっぱり美味しかった~^^ もちろん生ビールも一緒です。


b0086273_09595321.jpg


そのあと天王寺公園の「てんしば」を散策♪  こんなイイ場所があったんですね。全然知らなかった。
芝生ひろばを中心に、レストラン&カフェ、ペットショップやヨガスタジオ、産直市場まであってとっても楽しめました♪
次回は、天王寺動物園や大阪市立美術館にも行かなければ! 
「私が知らない大阪」がまだまだたくさんあることに、あらためて気付いたのでした。^^

友達が誘ってくれたお芝居は、そんな大阪がテーマのお芝居でした。
運転手さんと乗客がタクシーの中で繰り広げる物語がいくつかあるんですけど、ハイテンポな関西弁炸裂でもう笑いっ放し!
相変わらず素敵なグレーヘアの「わかぎゑふ」さんにも会えて良かった~。^^


b0086273_15192504.jpg


# by halftone26 | 2019-06-06 15:19 | ちょっとおでかけ | Comments(0)

美味しかった~♪

去年メルボルンで買って来たパンケーキミックス。
写真では大きく見えるけど、高さ16センチぐらいでとっても可愛いのです。
友達へのお土産として買って来たのですが、渡すタイミングをずっと逃していて、先日賞味期限をチェックしてみると「 BEST BEFORE 16 APR 19」の文字が! さすがにもうお土産としては渡せませんよね。
でも、私が食べる分には全く問題無さそうなのでさっそく作ってみたところ、ボトルに直接牛乳を入れてシェイクするだけなのでとっても簡単だったし、とーーっても美味しかった。
18センチ前後の薄いパンケーキが4枚焼けましたよ。 カルディでも売っているみたいなので今度探してみようっと


b0086273_16422455.jpg

# by halftone26 | 2019-06-04 16:42 | お気に入り | Comments(0)

子供孝行な母

父が亡くなったあと、毎日のようにかけていた電話が、最近は週2回程度になってしまいました。
受話器を取った時の最初の「はーい!」で母の心の健康度を勝手にチェックするのですが、1年ぐらい前からは毎回元気な声を聞けるようになったので、ついつい安心してしまい電話をかける回数が減ってしまったのです。


「毎朝、畑に行って野菜の成長具合を見るのが楽しみで仕方ない!」
「グランドゴルフで4位だったよ~!」
「お母さんは人生を楽しもうと思う!」

こんな話を明るい声で、85歳・1人暮らしの母から聞けるは本当に幸せだし、ありがたいことだなぁと思います。

そんな母からのリクエストで、母お気に入りの宿へ再訪することになりました。 今回で3回目かな。
実は3月に予定していたのですが、2回もドタキャンされたんですよ!
あと2週間…、今回は今のところ大丈夫そうだけど、まだ安心は出来ません。

↓ 写真は宿のオンラインショップで買ったTシャツ。 コレに着替えて宿でダラダラする予定。
「NEKO NIWA」のTシャツは2枚持っていたのですが、どちらもパジャマ化してしまったので、新しいものを注文しました!
これも少しだけ「猫助け」になるようです。^^(一度洗濯したあとで撮影したのでヨレッってなってしまいました)



b0086273_09000358.jpg


# by halftone26 | 2019-05-31 09:00 | お気に入り | Comments(0)