被災地支援いろいろ

被災地の産物を対象にした<オーナー制度>が広がっているようですね。
例えばカキの場合、1口1万円でオーナーになると、3、4年後、カキを出荷出来る状況になったら20個程度のカキが届けられるという制度。

相手の顔が見えないネットで振込む義援金よりも確実に被災地を支援している気持ちになりそうです。

このオーナー制度、田代島ではやらないのかなーと思っていたら、やっぱりあるようですよ!
詳しくは6月上旬にHPで公開されるそうですが、そのプロジェクトのタイトルはもう決定しているようです。
その名はナント、<田代島にゃんこ・ザ・プロジェクト!>

そして、猫の島・田代島の<カキのオーナー制度>では、カキだけでなく猫島らしい特典が付くそうです。
猫島らしい特典て何だろー  子猫一匹?なんてことはないと思いますが(笑)

もちろん、田代島だけではなく他の被災地も応援したい!
でもカキばっかり届いても困るし…、と思っていたら他にもいろいろあるようです。

<セキュリテ被災地応援ファンド>

b0086273_991651.jpg


顔が見える支援といえば、私も来週半ばから岩手入りします。
宿が確保できなかったので、わずか2日間のボランティア活動になるのですが、
泥かきでも腐った魚拾いでもいい、何か少しでも役に立てればと思っています。

by halftone26 | 2011-05-28 09:09 | その他 | Comments(2)

Commented by 福にゃんママ at 2011-06-01 11:00 x
えらい!!  
ヤッパ、行動力がおありなんですね
たいへんでしょうけど・・・無理せずがむばってきてくださ~い!!
私は後方で、自分なりに出来ること、こちょこちょやっていきま~~す!
Commented by halftone26 at 2011-06-05 20:58
☆福にゃんママさん、こんばんは~
コメントが遅くなってすみません!無事帰ってきました~
東北好き、温泉好きな私、帰りはちゃんと温泉に寄ってきましたよ^^
ボランティア帰りに温泉に寄って帰られる方も多いようです。
温泉旅館で出会ったあるご夫婦なんて、約1ヶ月間ボランティア活動されて、
神戸から乗ってきた車は被災地の方にあげてきたとおっしゃっていました!!

ガレキ撤去のボランティアや避難所での生活、
政治家の方たちにこそ一度体験してもらいたいものです!

<< 新しい器 猫グッズいろいろ… >>