まとめてみるとこんな感じ

【病名】多発性子宮筋腫


【手術】腹式単純子宮全摘術  おへその下4cmくらいから縦に約13cm、ズバッっと切られました。 でもこれくらいで済んで良かった^^
子宮を取ってしまうことに関してはほとんど抵抗なかったです。



【入院期間】2011年10月5日入院、6日手術、18日に退院。 計14日間ですが、後半、外出許可を3回もらって自宅に帰りました。 我が家の猫たちにとってはこれまでで一番長~い留守番になりました。


【筋腫の大きさ】重さ約900グラム。 大きさは20cm × 16cm × 13cmくらい。
最初は少なくても1キロはあると言われていた私の筋腫。 約1ヶ月スプレキュア点鼻液を使ったおかげで、少し小さくなってくれてたようです。

手術のあと、生の筋腫を見せられた相方、「しばらく肝は食べられへんわ~」って言ってました(笑)


【手術時間】3時間くらいって聞きました。
手術の立会いは相方一人だけ。  母もやっぱり母親だから行かねば!と直前までうるさかったのですが、たいした病気じゃないから大丈夫だと言い切りました。 山口県からわざわざ来てもらうのもたいへんだし。
相方は病室でテレビを見たり、談話室で仕事をしたり週刊誌を読んだりして退屈はしなかったようです^^


【手術費用】国民健康保険限度額適用認定書の手続きをして戻ってきた料金を引くと、
保険内(手術や処置料)の料金が84,860円。  保険外の個室料金が7,875円×5日間と食費が9,100円で48,480円。
合計 133,340円となりました。


1ヶ月の自己負担限度額は、一般所得の場合、8万100円(医療費が26万7000円を超えた場合は、その超えた分の1%を加算)、70歳以上の人は44,400円となっているので、入院は月をまたがない方がお得です。
例えば1ヶ月の入院料金(保険内)が100万円だったとしても87,430円払えばでいいってわけです。



【医療保険】恥ずかしながら保険に関しては母まかせ。 私は保険料金の一部を母に送っていました。
で、まずはJA共済です。  日額10,000円 × 14日間 = 140,000円、  手術給付金(日額の20倍) = 200,000円
合計 340,000円

だったのですが、もともと日額は15,000円だったんです!  それを去年の秋に母が勝手に契約内容を変更してしまっていたんです! もとのままだったらプラス170,000円もあったのにぃ。

もうひとつはかんぽ生命です。
こっちは母から日額は5000円だと聞いていたので、入院5日目からの支払いで50,000円、手術給付金(日額の20倍)で100,000円、合計150,000円くらいかなと思っていたのに、全く違う金額が振り込まれていてビックリ!

後で送られてきた明細を見たところ、日額は7,500円で、手術給付金は日額の40倍になっていました。
日額7,500円 × 10日間 = 75,000円、  手術給付金(日額の40倍)= 300,000円で、合計375,000円
JA共済と合わせるとなんと715,000円になってしまいました。

どちらも手続きをして9日目くらいに振り込まれました。
大切に使いたいと思います^^


【仕事】私の仕事はお気楽自営業なので、仕事の心配はありませんでした。
9月に受けた仕事の担当者の方に、「事情があって10月は仕事をお休みします」と伝えたくらい。
電話に出なくても、メールの返信がなくても、「また海外旅行か~」と思われるだろうと思っていたのですが、とりあえず留守番電話の応答を「10月末まで仕事を休みします…」にしておきました。

by halftone26 | 2011-10-18 22:00 | 子宮筋腫入院日記 | Comments(0)

<< はじめに 手術まで… >>